病院の診断ミス 胃がんで死んだ夫

胃の調子が悪い

夫が胃の調子が悪いと言い始めたのは2年ほど前のことでした。食べ過ぎたり飲みすぎたりした覚えもないのに、ずっと胃が重くときどき痛みも感じるというのです。

そのときは私たちも歳を取ったね〜なんて笑っていたのですが、何週間もその状態が続いたため、不安になって病院で診察を受けました。そのときの診断結果は「胃潰瘍」。仕事が忙しかったこともあり、ストレスも影響したのかもしれないなあと感じましたが、薬で治療すれば大丈夫と言われ安心していました。

医療過誤訴訟を行うには、まずは弁護士へ相談

胃がん発覚

ところがそれから三か月ほど治療を続けても、なかなか症状が治まらないんです。再度、担当の医師に相談しましたが、もう少し薬で様子を見るべきとのこと。先生を信じて薬を飲み続けましたが、夫が段々痩せてきてしまい、無理を言って別の医師に診察してもらいました。そうして夫が胃がん、それも末期癌だと言うことが分かったんです。ショックでしたが、それからも懸命に治療は続けました。しかし夫はそれから1年で他界。子どももいませんので私はひとりになってしまいました。

早く夫に別の病院へ行こうと言わなかったこと、後悔しています。それと同時に、どうして最初の病院では夫の癌を見つけてくれなかったのかと恨みさえ覚えています。診断の誤りというのは医療事故ではないのでしょうか?夫の無念を晴らすためにも病院側を訴えることを考えています。こういった場合、最初にどこへ相談すれば良いのでしょうか?