診察結果のミスで病気の治りが遅れた

風邪のような症状

1ヶ月位前から、風邪のような症状が出ており、ただの風かなと思っていましたが、なかなかそうした症状が治らなくて、診察を受けたほうがいいと思い病院へ行きました。病院では、風邪のような症状が出ているものの、扁桃腺が腫れている程度なので、薬を飲めば改善するだろうと話をしており、最終的に抑えるための薬を服用していました。しかし改善している様子がなかったことや、更に症状が悪化して湿疹が出てきたので、もう1度診察をうけることになりました。

産婦人科などの場所へ行ったほうがいい

次に診察を受けると、これは産婦人科などの場所へ行ったほうがいいとされ、ただ扁桃腺が腫れていたのでは無く、性病に感染して風邪の症状が出ていたことがわかりました。最初からおかしいと思われていれば、もっと早く病気を治すことは出来ましたし、ここまで辛い思いをすることはなかったのかもしれません。性病用の抗生物質を飲んだことによって、徐々にですが症状は改善されることとなりましたが、診察ミスも立派な医療事故と判断できることですから、これは問題じゃないかと思っています。

お陰で治るまでにかなり時間がかかってしまい

お陰で治るまでにかなり時間がかかってしまい、完全に回復するまでに1ヶ月以上費やすことになりました。ちょっとでもおかしい症状があったり、血液検査などを行ってくれれば、もしかしたらすぐにわかったのかもしれません。納得出来ないので、弁護士の方に相談してみたいと考えています。

post on 2016-10-18