どうでもいい薬が追加で入っていた

薬使用による影響

眠れないことが多くなっていたので、精神を安定させる薬を処方してもらうことになりました。処方箋には、精神を安定させるために必要な薬が書かれていたので、これを飲んでおけば眠れるようになるだろうと思っていたのです。しかし処方されている薬の中に、全く別の効果を持っている薬が入っており、これを飲んでいることによって、体に別の影響が出てしまいました。

投与ミスの発覚

最初はほんの少し立ちくらみがしているような感じがあり、疲れが取れていないのかなと考えることが多くありました。

しかしさらにその症状が酷くなったり、突然眠くなるといった問題が起きるようになり、生活に困難な状態を作ってしまうことになりました。薬の処方箋には、精神を安定させて眠りやすくするために必要な薬と書かれていたのに、実際には別の用途で利用されていることがわかり、私は別の薬を飲み続けたことで副作用が起きてしまったことも分かりました。

弁護士への相談を検討

医療事故ではないと思っていますが、こうした情報を伝えていないことは、間違っていることではないかと思っています。

このまま放置してはいけないと感じているので、相談をしようか考えているところです。直接医師の方に話をしても、解決しそうに無い部分がありますので、わかってくれる方に相談をしながら、一番いい方法を検討したいと考えています。とにかくまずは弁護士に話をしたいと思います。

post on 2016-2-17